台北 真夏のオープントップバスに乗車してみた

台北にも2階建てのオープントップバスが走っているのをご存じですか?

オープン当初に乗車したのですが、久しぶりにまた行って来ましたので、その紹介です。

台北の観光地を巡る2ルート

2017年から運行開始しているオープントップバス。

台北の主要な観光地を赤ラインと青ラインで回ることができます。

2020年6月時点です。 画像:台北市雙層観光巴士HPより

出発は台北駅M4近くのバス停から。
終点も台北駅M3に戻って来ます。

途中で下車しなければ、出発から終点まで約1時間で回って戻ってきます。

チケットの種類

4時間チケット 300元(4時間内乗り降り自由)

日中チケット  500元(09:10-18:00乗り降り自由)

24時間チケット 600元(最初の搭乗後24時間以内乗り降り自由)

48時間チケット 1000元(最初の搭乗後48時間以内乗り降り自由)

時刻表

時刻表

現在は外国人が台湾に入境できないため、オープントップバスもかなり影響を受けているようで、運行本数が少なくなっています。

乗車する際は台北市雙層観光巴士HPから毎回確認した方が良さそうです。

お客様が減ったとは言いつつ、意外にお客様が多いではありませんか。

実は今、イベントをやっているそうです!

來臺北市有了一種新玩法-搭乘台北市雙層觀光巴士,一次飽覽20個熱門景點。 臺北市政府與本團隊共同攜手引進雙層觀光巴士,並規劃兩條臺北市特色觀光旅遊路線,紅、藍2條路線共20個站點,車上共有57個座位,包括上層有37個露天座位、10個室內座位,下層則有9個座位、1個殘障座位,並且提供「免費WIFI」、「免費充電」及備有...

2020年6月15日までだそうなので、興味ある方はお早目に。

この日はベビーカー持参されたお子さん連れのお母さん達が多かったです。

ベビーカーも十分載せれます。

乗車

オープントップバスには運転手さん以外に、車掌さんもいます。
台北駅にはスタッフのような方もいました。

ネットで事前購入もできますし、当日現地での購入もOKです。
現金、クレジットカード、悠遊卡なども大丈夫です。

乗車したら、さっそく2階に上がってみましょう。

バスの3分の1は屋根付き。

残り3分の2は屋根なし。

さて、クーラー有りで行くか、自然の風を楽しむかはあなた次第。

天気も良かったので、私たちはオープンの席に。

横からは水のスプレーが定期的に出ています。

が、この日かなり天気が良く、私は帽子を持ってくるのを忘れたため、かなり暑かったです!!
走行中は風とこのスプレーがあって、気持ちいいのですが、信号で止まると、地獄のように暑い・・・。夏は帽子必須です!

座席には各観光地案内が聞けるオーディオ機器がついています。
言語が選べ日本語もありますよ。

以前は車掌さんが無料のイヤホンを配っていたのですが、この日はありませんでした。もうそのサービスは無いのかな。私は自分のものを使用。

まずは青ラインから

今回は青ライン(9:40)から乗車しました。

香港のオープントップバスは看板があたりはしないかとドキドキですが、台北の場合、街路樹があたりゃしないかと心配になります。

実際に枝がかすることがありましたが、ドライバーさんはぐいぐい行きます。

青ラインのメインスポットは、やはり圓山大飯店。グランドホテルです。
ホテルが見えて来ました!

運行開始時はルートには入っていませんでしたが、その後ルート改定したので、私はオープントップバスで来るのは初めて。

何度も見たことあるホテルなのに、バスがホテルに入るとテンションがあがります!

ホテルスタッフの方も手を振ってくれました。

バスからの写真はなかなかの技が必要のようです。
うまく撮れません・・。

さて、バスはこの後、故宮博物院へ向かいます。

その間、車掌のお姉さんはグッズの紹介などしています。
バスの模型は子供たちに人気。ドアの開閉ができるようになっているそうですよ。

お客様の写真も撮ったり、忙しそう。

こんな姿勢も。

意外な体験も有り

さて、故宮博物院に近づいた時に、ドライバーさんが2階に上がって来ました。

何事かと思っていたら、故宮博物院に入る際は規定があり、屋根が開いている状態では入れないそうです。

閉められた。

暑いっーーー!!!

サウナ状態です。

修行のようです。

帽子の他に、水も持参必須です。

そして、故宮博物院に到着。
ここは下車、乗車する人が多いからか、数分停まっていたかな。
暑さはがまん、がまん。

やっと故宮を抜けたら、ドライバーさんがまた上がってきて、屋根を開けてくれました。

この時ばかりは、乗っていたみんなが、気持ちいいー!と声をあげ、不思議な一体感が生まれました。涼しいってすばらしい。


そして、台北駅に同じルートで戻っていくのですが、帰りもグランドホテルに寄ります。
セカンドチャンスです。

近づいて来た来た。

門をくぐって。

ホテル。

あれ、やっぱり2回目もいまいち。
そんなにホテルが好きなのか、っていうぐらい写真撮ってました。

11時過ぎごろ、台北駅にもどりました。
予定よりちょっと遅れての到着。

赤ライン

青ラインが終了後、次は赤ラインに乗りました。

赤ラインはさくさく行きましょう。

総統府

國家音樂廳

中正紀念堂

赤ラインのメインはやっぱり台北101ですね。

徐々に近づいてきます。

今回はこの赤ラインの途中で下車しました。

このまま乗っていると、101の真下を通ります。

チケットの時間範囲内であれば、また再乗車が出来ます。

さいごに

真夏のオープントップバスは暑いので、熱中症対策をしっかりして乗車してくださいね。

見慣れた景色も少し高いところから見ると、また違った景色に出会えます。

あと、台北駅以外からの停留所から乗る場合は、バスが来たら、手を挙げて乗りますという意思表示をしっかりした方がいいです。
台湾のバスは手を挙げないと、停まってくれないことがあります。

では、気を付けて楽しんでくださいね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする