日本帰国するので台湾でPCR検査をする

台湾からの入国で、ワクチン3回接種者は、日本到着後隔離期間が無くなりました。これを機に一時帰国を考えている方も増えて来たのでは無いでしょうか。

今回私も一時帰国をしたので、PCR検査の状況をお伝えします!

PCR検査の予約

日本に帰る日が決まったら、PCR検査の予約をしましょう。
出国前(フライト出発時間)の72時間前以内の検査証明書が必要になります。

PCR検査は台湾政府が定める病院のみ検査をしています。

日本政府所定のフォーマットによる検査証明発行可能な医療機関

何件かの病院を見たところ、病院によって値段や証明書受取までの時間が違いました。検査を受けて翌日受取のケースや、当日受取のケースがあります。
当然、当日受取の方が値段も高くなります。

私は、時間に余裕があったので、翌日受取り(帰国日の1日前)にし、比較的値段の安い台北市立聯合醫院のサイトから予約をしました。

一般 3500元
快速 4500元

台北市立聯合醫院のサイト

持参物

私は台北市立聯合醫院の仁愛病院の予約をしました。

持っていくものは
・パスポート 原本とコピー
・身分証 原本とコピー
・E-チケット コピー

・申請書

私はこの申請書という文字を見逃していたのですが、病院でもらい、記入しました。

日本所定の証明書へ記載してもらう

日本所定のフォーマットに書いてもらう必要があるので、先に印刷して持って行きました。
別の日本人に聞くと、持っていかなくても病院で用意してくれたと言っていました。どちらでも良いようですが、気になる方は下の厚生労働省のサイトから印刷できます。

所定の証明書

検査当日

検査場所は病院の外。
申請書を書いていますかと聞かれるので、用紙を受け取りその場で記入しました。

そして受付で、申請書や持参したものを提出します。
日本人だから、日本のフォーマットの証明書ですよね、と言われます。
すでに職員さんは慣れているようで、持って来ているなら用紙を下さいと言われました。

お支払いもここで済ませます。

そして、名前を呼ばれて、いざ採取!

このボックスの中に採取してくれる先生がいます。

採取方式は鼻咽頭ぬぐい液というもので、長い綿棒で鼻に入れられます。

私は初めてだったんですが、結構奥まで入れられて、終わってからも痛みが残っていました・・。

毎日の予約人数は制限があるようで、そんなに待たされることもなく、到着してから終わるまで、約15分くらいでした。

証明書受け取り

翌日、言われた時間に証明書を取りに行きました。

結果は陰性!
ちょっとドキドキしましたが、無事に陰性証明書がもらえて良かったです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする