8月OPEN台湾桃園Xpark水族館に行ってみた!

2020年8月7日、桃園にオープンの都市型水族館Xpark

オープン前の内見会に招待頂き、行って来ました!!

台湾初!都市型水族館

もともと台湾にも水族館はいくつかありますが今回、桃園に新しくできた Xpark はMRT桃園駅、新幹線桃園駅から徒歩圏内の場所です。

この日、招待された人はかなり多かったようで、入場までに約1時間も並びました。

入り口には大きなスクリーン。水族館の様子がずっと流れており、入る前からわくわくします。

手掛けるのは八景島シーパラダイスの運営会社

やっと入場です!

この水族館は横浜八景島シーパラダイスの運営会社が手掛けているとのこと。
最新のテクノロジーで展示演出をしているそうです。

そして館内の音楽はジブリ映画で有名な久石譲さんがこの水族館のために書き下ろした音楽。優雅に泳ぐ魚たちと音楽に癒されるはず!

フォルモサゾーン

館内はいくつかのゾーンに分かれて展示されています。

まず最初はフォルモサゾーン
台湾は台湾海峡、バーシー海峡、太平洋、東シナ海に囲まれた島。温かい海水にそこに住む魚たちが4階の高さにもなる巨大な水槽の中で泳いでいます。

サンゴゾーン

床にも映像でサンゴや魚が映されています。かなり綺麗でみんなが立ち止まるポイント!

鮮やかなサンゴや魚たち。ニモもいる!

雨林ゾーン

こちらのゾーンは天井から熱帯雨林を思わす緑の木々や湿った空気が演出されています。

陸上と水中が同時に見れる空間。生命力を感じさせる樹木が並んでいます。

見たことないような魚たちに目が釘付け。

フリージングゾーン

アザラシが気持ちよく行ったり来たりと泳いでいます。
こちらの水槽は左右そして下からも見る事が出来ます。

こちらは塗り絵コーナー。
タッチパネルで数種類の魚などから好きな絵を選びます。

私はカメ。自分で好きな色を塗って遊べます。
最後に、自分の書いた動物をアップロードすると、近くの大きなスクリーンで泳いでくれます。どこで泳いでいるか探してみてくださいね!

クラゲゾーン

美しいの一言です。

蒼、赤、グリーンと変わっていくライトと優雅なクラゲの動きが幻想的な光景。

ペンギンゾーン

ペンギンのゾーンは陸地と水中の中が左右の室内に分かれており、活発に動く姿が見られます。

X cafe

館内にはカフェが常設されています。スペースも割と広め。
ペンギンが泳ぐ水管も設置されており、お茶をしながら、時折彼らが泳いでいる姿が見れます。

といいつつ、眺めている人はいないな、、みんなPCや携帯で今日の事を記事にupしているんでしょうか。

お土産SHOP

この日はこちらはまだ準備中とのことで、販売はされていませんでしたが、お菓子、雑貨、洋服、ぬいぐるみ等、色々取り揃えてありました。

日本語が話せるスタッフもいましたよ。

見終わって

一つの館内で見終わり、都市型というだけあって、こじんまりしています。
テーマパークのように1日中遊べるといった感じではありませんが、個人的にはこのくらいの大きさは丁度いいかなとも思いました。

駅からも近く、台北から遊びに行くにも便利です。台湾には 墾丁に国立海洋生物博物館という大きな水族館があるのですが、ちょっと遠いですからね。

ペンギンが空を舞うように水管を泳いだり、クラゲとライトの演出など、日本では既にある方法ですが、これがやっぱり台湾で見れるというのは嬉しいことです。

大人も子供も一緒に楽しめる空間なので、ぜひ行ってみてください!

入場料と入場制限

大人(18歳以上) 550元
学生(12歳以上) 400元
児童(4歳~12歳未満)
博愛(65歳以上、妊婦、身体障碍者と同行者1名) 250元
4歳未満 入場無料

2020年8月7日~9月30日までは、コロナウィルス対策として入場時間、入場制限有り。10時、12時、14時、16時、18時、20時 (休日のみ)

現地販売もあるようですが、先行販売チケットが完売した場合は現地での購入はできないようですので、予め確認、チケット購入してからの方が良さそうです。

Xpark
住所: 桃園市中壢區春德路105號
   MRT桃園:A18站出口徒歩約8分
   台灣高鐵:桃園站6號出口徒歩約9分
電話: 03 287 5000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする