台北 素朴だけど美味しい 北平稲香村

夜の和平東路に赤々と浮かびあがる看板。

北平稲香村(běi píng dào xiāng cūn ベイピン ダオシャンツン)

師範大学、大安森林公園の中間、 和平東路沿いにあります。
学校に通っている時は全然知らなかったのですが、台湾フリークや料理家の方達の間では結構有名らしいお店とのこと。

今回は友達が誘ってくれて、行って来ました!

40年以上も続く老舗店らしいですね。
店内も中華風。平日だったからか、数組のお客様で予約なしで入れました。

お店のおばちゃんたちは親切です。
オススメの料理とか、丁寧に教えてくれました。

涼拌哲皮( liángbàn zhé pí リァンバンザァピィ)248元

中華クラゲ。 哲皮はクラゲの意味なんですね、初めて知りました。
私のイメージする中華クラゲは酸っぱいのだったんですが、こちらのお店は割と甘かったです。こりこりした食感がいいですね。

合菜代帽( hé cài dài mào フェァツゥアイダイマオ)168元

これも漢字を見ただけだと、どんな料理か分かりませんでした。
なるほど、卵が上に載っているのが帽子に見立てているのかも。

中には野菜や春雨の炒めものが入っていました。これ、見た目以上に美味しいです!

酸菜大鍋( suāncài dàguō スゥァン ツァィ ダー グゥォ)880元

こちらも人気の酸っぱい白菜と豚肉の鍋。大、中、小とあって、これは小さいサイズなのですが、かなりの具沢山。

中は白菜、豚肉、つくね、エビ、豆腐、春雨、鴨血などなど。
これだけで食べても美味しいですが、タレも一緒に出てくるので、それを付けても美味しいですよ。

女子二人では食べきれなくて、最後はお持ち帰り用に包んでもらいました。
火鍋も持ち帰れるなんて、これも台湾のいいところ!

その他、オススメ料理がまだまだあるそうです。餃子も美味しいって聞いたな。
また次回に。


北平稲香村
住所: 台北市大安區和平東路一段242號號1樓
電話: 02 2363 5161
営業: 11時00分~14時00分、16時30分~21時00分


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする